スポンサーリンク
02

こんばんは、クルメノです。

今回はちょっとしたことだけど意外と困るアレについて。

まぁアレとか言っても、もうタイトルに出てしまってるんですけどね…

前回スプリング比較の記事を書いたので、スプリング繋がりでちょっと書いておきます。

 

 

スプリングって、買って使ってみたものの思うような初速にならなかった!なんてことが結構あるかと思います。(だから比較記事を書いてみたんですけどね)

私は貧乏性で、しばらく使っていたスプリングでも交換した後なかなか捨てられないんですよね~。私はカスタムの最後にスプリングで初速を調整するので、曲がったりしていなくて普通に動くのであれば多少ヘタったスプリングでもそれがピッタリ!なんてこともあるかな~って思ってしまうんですよね。

 

そういう取っておきたいスプリングをどう保管しようかな?というお話です。

値札やタグをつけてまとめて保管

まず最初にやっていたのがこの方法です。小さいひも付きの値札を買ってきて、それをスプリングにつけて、適当な箱に何本も保管しておくという感じ。

 

 

安いので使い捨てでも全然OK。

上手くいってるつもりだったんですが、いざ使おうと取り出そうとすると…

 

あーもぅカラマッテルゥー…

 

しかも一回使ったスプリングには少なからずグリスがついているので気づけばホコリや猫毛がたくさん付着してあ゛あ゛ぁーもう!

部屋を綺麗に掃除していない自分が悪いんですけどね。わかってくれとは言わないが、そんなに俺が悪いのかっていうね…。いや~もうほんとららばいららばい。

スポンサーリンク

個別にケースで保管

値札のヒモが絡まる!スプリングにホコリがつく!

これらを回避するために、はし入れのようなケースに個別または少量ずつ保管する方法を考案。

これまた百均で買ってきて

こう!

あれ、でもこれ1本ずつならわかるけど複数入れるなら結局タグをつけなくちゃいけないじゃないか…

タグをつければまた絡まるんだろうどうせ…

 

しかも1本保管するのに保管ケース1個用意するとなると、それなりに費用がかかるし、ケースがたくさん増えるとかさばるし…

また無駄なものを買ってしまった…はぁ…まじららばい。

 

個別に袋で保管

じゃあ個別に保管できて安いもの、ということで使い捨ての袋なんかがあればいいんじゃないかということに。

ジッパー付きの袋はよさそうでしたが、スプリング1本入れておくにはちょっと余りあるというか…。ほどよいサイズがないんですよね。

 

そしてようやくちょうどいいものと出会いました。

 

これこれ、こういうやつ!

安いので使い捨てOK。ホコリもつかない。袋に直接品名を書き込んでおけばわからなくなる心配もありません。

袋の上部がシールになっているので使い勝手もいいです。

 

細々としたパーツ類は小さなジッパー付き袋に入れていましたが、これでスプリングもスッキリ!

お悩み解決です。

同様の袋でサイズがいろいろあるみたいなので、同じようなお悩みをお持ちの方は、ぜひご検討ください。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事