東京マルイ GLOCK19

東京マルイ GLOCK19 初速アップカスタム

02

こんにちは、クルメノです。

前回、東京マルイGLOCK対応のProwin製ロングマガジンがかなりオススメ!というお話をしました。

今回は、GLOCK19の初速アップカスタムをご紹介したいと思います。

ガスハンドガンは気温にもよりますが、60m/s台~と初速が低く、少しでも初速アップを図りたいところです。

今回は純正マガジンを1カ所、銃本体を1カ所、計2カ所をカスタムして初速アップ具合を見たいと思います。

スポンサードサーチ

純正マガジンのガスルートパッキン交換

まずは純正マガジンのガスルートパッキンを交換します。

交換するアイテムはこちら。

マガジンのカスタムは、バルブもそうなんですけどマガジン毎にパーツが必要になるため結構費用がかさむんですよね~。

このパッキンは比較的コスパがいいので少しでも初速アップを図りたい方には おすすめです!

交換方法

交換方法はとても簡単です。

丸部分のピンを左側から押し込む
後でピンを戻すときは右側から
ピンを抜いたら上の部分が外せます
下からパッキンを入れているだけなので、外して…
付け替えるだけ!

ちなみに以前紹介したProwin製マガジンはパッキンの形状が違うためこのパッキンは使えません。

一番右がProwin製

まぁこのパッキンに交換しなくても純正マガジンより高い初速が出ますので贅沢言わないでください、ということでね。

LAYLAXガスルートシールパッキンの効果

交換が完了しましたので、初速の変化を見たいと思います。

(条件)
・室温26℃(表面温度 交換前:23.4℃ 交換後:23.7℃)
・HFC152aガスを使用
・AC5000弾速計を使用

 マルイ純正
ガスルートパッキン
LAYLAX
ガスルートシールパッキンエアロ
純正比
166.166.5最高値 ↗0.4m/s
265.565
364.466.1
463.963.9
563.564.5
662.564.1
76162.8
862.163.2
961.262.6
1060.262.2
平均63.064.1平均値 ↗1.1m/s

表面温度に若干差がありますが、最高値が0.4m/s、平均値が1.1m/s向上しました。グンと上がるような感じではありませんでしたが、初速の底上げはできていると思います。

以前P226E2で同じLAYLAXのパッキンに交換した際は1~2m/s程度アップしましたので、上がることは間違いないですね。

【P226E2,USP カスタム ⑥】P226E2 ガスルートシールパッキンエアロで初速UP

スポンサードサーチ

インナーバレル交換

次は本体のカスタム。定番のインナーバレル交換です。

マルイGLOCK19のインナーバレル長は87mmとなっていますので、それを参考に交換するバレルを選択します。

インナーバレルを交換して初速アップを狙う際には、

①内径が細い
②バレル長が長い

ものを選択することが大切です。

ただし、注意が必要なのが内径もバレル長もどこまでも細く長くすればいいということでもありません。バレル長は放出するエアー量とのバランスを損なわない程度の長さまでに限りますし、個人的には内径6.00mmはBB弾のサイズギリギリ過ぎるので弾詰まりを起こす危険性があると思っています。

6.00mmのバレルで弾詰まりを起こしたことがありますので、BB弾の質にこだわる・インナーバレル内を常に綺麗に保つなど注意が必要です。

マルイのインナーバレルは内径6.07mm程度だと思いますので、それよりも内径の細いものに交換して、初速アップを狙います。

選択したバレルはこちら。

バレル長90mm、内径6.03mm。

銃口からハミ出さない程度にバレル長の長いものにして、少しでも初速アップを図る狙いです。

インナーバレルの交換方法

トリガー上部のスライドロック(左右)を押し下げ、スライドを前方向に外します。

 

バネのついたパーツを前方向に少し押して下側に取り出し、バレルとチャンバーも同様に取り出します。

 

丸部分のネジを外し、チャンバーを分解します。右のネジは邪魔にならない位置までHOPダイヤルを回して外しましょう。

 

パカっと開くとバレルとチャンバーパッキンが出てきます。

 


あとは用意したインナーバレルと交換するだけです。今回はM&P9用のインナーバレルを選択しましたが、HOP窓や切り欠きはGLOCK19純正と全く同形状です。

 

物によっては切り欠きの位置が違うこともありますのでちょっと注意が必要ですね。

 

チャンバーパッキンを取り付けます。パッキンを交換する際はパッキン内側の突起とバレルの切り欠きがきちんと合わさるように取り付けましょう。
チャンバーパッキンは弾道に影響を与えますので、あれ?と思ったらきちんと付け直した方が後々泣きを見なくて済みます。

 


パッキンをつけたらシールテープを薄く巻いておくと、気密性が高まり初速アップが見込めます。
PDIのWホールドチャンバーパッキンなど、(気密を高めるためだと思いますが)キツキツに作ってあるものの場合は無理に巻かなくてもいいと思います。

 



今回は純正バレル長87mmを90mmに交換しましたが、銃口部分はこんな感じです。
あと5mmくらい長くてもギリギリいけそうな雰囲気。

カスタム結果

カスタムが終わりましたので、初速の変化を見てみます。

(条件)
・室温26℃(表面温度 交換前:23.7℃ 交換後:23.8℃)
・HFC152aガスを使用
・AC5000弾速計を使用

 純正インナーバレル 長さ87mm/内径6.07mmPDI DELTA
長さ90mm/内径6.03mm
純正比
166.568.9最高値 ↗2.4m/s
26568.5
366.167.7
463.966.8
564.566.6
664.165.7
762.865.4
863.265
962.664.9
1062.263.8
平均64.166.3平均値 ↗2.2m/s

純正マガジンで、最高値2.4m/s平均値2.2m/s初速が向上しました。いい感じですね!

交換作業は特に難しくありませんので、ぜひおすすめです!

インナーバレルはガスハンドガンの貴重な初速アップポイントです。バレル長、内径をいろいろと考えて試してみてくださいね~。

 

よかったら Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録 よろしくお願いします!

ツイッター ⇒ https://twitter.com/Nog_snz

Youtubeチャンネル ⇒ クルメノチャンネル

 

ピックアップ記事

  1. ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅰ:バルブ
  2. CONDOR 610T ステルスオペレーターパンツ レビュー
  3. CONDOR Element ミリタリージャケット  レビュー
  4. CONDOR LCS バンキッシュアーマーシステム レビュー
  5. ガスガン用マガジン 冷えによる初速低下対策にスポンジ!:追加検証Ⅰ 入れ方、素材…

関連記事

  1. 東京マルイ GLOCK19

    ガスブロ 東京マルイGLOCK19 ProWin製アルミロングマガジンがとても素晴らしい

    ご無沙汰しております、クルメノです。相当久しぶりの更新で書き方…

  2. ホルスター

    GLOCK19のためにWASユニバーサルピストルホルスターをプチ改修

    こんにちは、クルメノです。このゴールデンウィーク中に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ガスブロ特集!

あたらしい記事

最近の人気記事

Twitter

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[14288] グロック19 サードジェネレーション (4952839142887)
価格:13652円(税込、送料別) (2019/4/29時点)


PAGE TOP