実験・検証

【検証】3発?1発?ショットガンの初速はどう測るべきか

02

 

こんばんは、クルメノです。

 

中学生の頃、模型屋さんでエアコキのハンドガンを買ったらマルイのパンフレットが入っていて、そこに載っていたのがスパス12でした。

 

 

まぁ~食い入るように見てましたね~。

 

当時の私はエアガンのことなど何も知りませんでした。エアガンを持っているのがバレたら親に叱られるし撃つなんてもってのほか。今みたいにサバゲーをするという感覚もなかったため、とにかくそのスパスに弾(シェル)を入れて、映画みたいにガシャッとしたかったんですよね。ガシャッと。憧れたな~。

 

もちろん弾は何個か入るものだと思っていましたし、ガシャッとすると排莢されると思っていました。…だって映画で見たから。(子供~)

 

そして20年余りの歳月が流れ、手にしたのはM870とM3ショーティ(いやスパス買え)

しかも2挺ともCYMA (マルイ買え)

 

…だって質感が好きだから(子供~)

 

とまぁそんな私ですが、3発発射式のショットガンについてずっとモヤモヤしていたことがあります。

 

それは、「初速の測定」について。

それらしい数値が出ることもあれば連続してありえない数値が出ることもあるんですよね。

300m/sとか。

 

弾速計がおかしいのか、測り方がおかしいのか、それとも実際に超危険初速が出てしまっているのか…。

 

ショットガンの初速計測で異常な数値が出るのは、

 

①弾速計のせい?

②銃の故障?

③測り方のせい?

 

今回はそんなショットガンについてのモヤモヤを解決すべく、検証を行ってみたいと思います。

 

 

スポンサードサーチ

検証方法

異常な数値が出る原因は何なのか、どのように測ると適切な数値が出るのかを

 

①弾速計に原因があるのかを確認するために、

ACETECH AC5000

ACETECH AC6000

XCORTECH Mk3

3種の弾速計を使って初速を計測します。

 

 

②銃の故障が原因でないことを確認するために、

CYMA M870 の他に

CYMA M3ショーティ(新品箱出し)を使用。

 

CYMA M870 CM353M フルメタルショットガン : レビュー

CYMA ベネリM3ショーティ  CM361M フルメタル レビュー

 

③測り方に原因があるのかを確認するために、

初速計測は 3発発射・1発発射 の2つの方法で行います。

 

弾速計比較

検証を行う前に、そもそも弾速計によって数値に差があるのかを確認しておきます。

今私が持っている銃の中で最大の安定性を誇る(明らかにマルイの力ですが)次世代ak47を使って、3種の弾速計で初速を計測します。

 

弾速計の微妙な置き位置や射撃角度による初速の偏りを減らすために、1発測って弾速計を交換、1発測ってまた交換、を10巡行い、それぞれの10発平均を出しました。

 

その結果、このような初速平均となりました。

 

AC5000:91.9m/s

AC6000:92.3m/s

Mk3:91.9m/s

 

AC6000がわずかに高く出ましたが、その他はピッタリ同じとなりました。

これら3種の弾速計によって数値が大きく異なることはないようです。(そうでないと困るんですけどね)

 

それでは各弾速計を使って、2挺のショットガンの初速を3発発射・1発発射で計測し、10発平均を出してみます。

ちなみに1発発射はシェルにBB弾を1個だけ入れて計測しました。

スポンサードサーチ

AC5000結果

AC5000の結果は以下の通りです。

 

M3ショーティ

3発発射:224.1m/s

1発発射:79.8m/s

M870

3発発射:123.7m/s

1発発射:79.9m/s

 

3発発射では明らかに正常な数値ではありません

1発発射の場合は妥当と思える数値が出ています。

次の弾速計を見てみましょう。

AC6000結果

AC6000の結果は以下の通りです。

 

M3ショーティ

3発発射:227.7m/s

1発発射:78.2m/s

M870

3発発射:113.9m/s

1発発射:79.6m/s

 

こちらもAC5000と同じ傾向になりました。

3発発射では正常な数値とは思えず、1発発射の場合にはそれなりの数値が出ています。3発発射ではきちんと計測することができないということでしょうか?

次の弾速計を見てみましょう。

 

スポンサードサーチ

Mk3結果

Mk3の結果は以下の通りです。

 

M3ショーティ

3発発射:72.3m/s

1発発射:79.3m/s

M870

3発発射:69.9m/s

1発発射:78.3m/s

 

Mk3はこれまでのACETECH製とは違う傾向を示しました。

3発発射時に異常な高い数値を出すことはなく、どちらの銃も1発発射時と比較して3発発射時には少し低い数値が出ています。

結果まとめ

結果を以下にまとめました。

 

 M3ショーティ
(3発発射)
M3ショーティ
(1発発射)
M870
(3発発射)
M870
(1発発射)
AC5000224.1m/s79.8m/s123.7m/s79.9m/s
AC6000227.7m/s78.2m/s113.9m/s79.6m/s
Mk372.3m/s79.3m/s69.9m/s78.3m/s

いずれの弾速計、ショットガンの場合でも、1発発射での初速の差は1.6m/sの範囲に収まっています。

本来の初速がどれなのかは実際のところはわかりませんが、弾速計を信頼する限り、1発測定での数値が最も信頼できる初速ではないかと思われます。

 

弾速計の仕組みについて詳しくはわかりませんので、3発だとなぜこんな数値になるのか明確な答えは出せません。ACETECH製とXCORTECH製で傾向が分かれているので、センサーの違いとかそんな感じなのでしょうか。

 

そしてこれらの弾速計では、3発発射時の各BB弾の速度を正確に測ることはできないため、Mk3での3発計測の数値が正しいのか間違っているのかはわかりません。

 

今回の検証結果から、次のことは明確になったと言えます。

 

ACETECHの2種の弾速計では3発発射時に異常な数値が出る
XCORTECH Mk3では3発発射時に1発発射時より低めの数値が出る
いずれの弾速計も1発発射で計測すると安定した計測ができる

 

いずれの弾速計でも1発発射で計測値が安定することがわかりました。

サバゲーフィールドではフィールド毎に測定方法が決められているかもしれませんが、特に決まっていなければ1発ずつの計測をおすすめします。

ショットガンを使うのを楽しみにしてきたのに、フィールドに来たら急に初速がありえないほどオーバー!?!?なんてことにならないようにしたいところですね。

 

もし3発発射で初速チェックをして、慌てふためいている人がいたらぜひこの話を教えてあげてください!

 

よかったら Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録 よろしくお願いします!

ツイッター ⇒ https://twitter.com/Nog_snz

Youtubeチャンネル ⇒ クルメノチャンネル

 

 

ピックアップ記事

  1. ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅲ:初速UP・冷え対策に期待!ストレーナースポンジ
  2. リポ、ニッスイバッテリーの取り扱い・保管を見直す時期
  3. CONDOR 610T ステルスオペレーターパンツ レビュー
  4. CONDOR LCS バンキッシュアーマーシステム レビュー
  5. CONDOR COLOSSUS ダッフルバッグ レビュー

関連記事

  1. 実験・検証

    ガスガン用マガジン 冷えによる初速低下対策にスポンジ!:追加検証Ⅰ 入れ方、素材

    以前、ガスガンのマガジン内部にストレーナースポンジを入れること…

  2. 実験・検証

    ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅰ:バルブ

    最近は個人的にガスブロ熱が高まっております。先月は新た…

  3. 実験・検証

    な、夏が来るぞ~!ガスガンのバルブを絞って初速調整

    気付けばもう、 2ヵ月ぶりのブログ更新でございます。全然更新し…

  4. 実験・検証

    電動ガン用スプリング比較まとめてドン 2019/07更新!

    こんばんは、クルメノです。以前電動ガン用スプリング…

  5. 実験・検証

    リポ、ニッスイバッテリーの取り扱い・保管を見直す時期

    ※この記事は2017年1月の記事を再掲載したものです。…

  6. 実験・検証

    ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅱ:ガス

    【過去記事】ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅰ:バルブに引き続きまして、…

コメント

    • 南木
    • 2019年 8月 07日

    クルメノさん、お久しぶりです。南木です。

    えっ、誰ソレ? っと言う冗談はやめてくださいね。泣いちゃいますから。(^^;

    ショットガンの初速はどう測るべきか? 3発? 1発? う~ん、そんなの今まで考えたことも無かったですねぇ。さすがクルメノさん、眼の付け所が参天製薬です。

    さて肝心の結果ですが、ACETECH製とXCORTECH製で見事に数値が分かれましたね。

    正しい数値は、間違いなく1発で計測した結果だと思います。この点では、初速計測は1発で行うのが良いというのが分かります。

    では3発同時発射だとどうして数値が可笑しく……もとい、異常になるのか?

    恐らくですが、センサーの感知方式が違うのではないかと思います。

    初速計は計測部の入り口と出口にセンサーがあり、二つのセンサーを通過したスピード(時間差)から初速を計測します。

    3発同時発射の場合、M3は弾がバラけてるんだと思います。このため実弾のような長い楕円形(円錐形)の弾として感知されてるんじゃないでしょうか。

    一方のM870は3発ともほぼ同じ(でも若干違いがある)発射速度で、丸に近い楕円形の弾として検知されてると思います。

    さて次にセンサーの感知方式ですが、弾が入り口センサーを全て通り過ぎた「あと」から計測開始、出口センサーに弾の「頭」が到達した時点で計測終了とした場合を考えてみましょう。

    前後に長い楕円の(M3の)弾は、入り口センサーを全て通り過ぎた時点で、もう楕円の先頭部分が出口センサーの近くに達しています。このため入り口センサーを過ぎた後すぐに出口センサーが反応し、とても速い結果が計測されます。

    逆に丸に近い楕円は(M870は)、入り口センサーを全て通り過ぎてもまだ出口センサーまで距離があるので(弾の前後が短いので)、出口センサーに達するまで時間が掛かりそれほど速い結果は出ません。でもすこし前後に長い楕円の形なので、1発で撃った時(丸い形の時)よりは速い結果が出ます。

    この条件なら、ACETECH製の結果は計測したような異常数値になると思います。

    XCORTECH製は、入り口センサーも出口センサーも弾が到達した時(もしくは通り過ぎた時)に計測の開始と終了を行っていれば、1発で撃った時とほぼ同じ数値になると思います。

    以上が今回の計測結果ではないでしょうか。

    う~ん、文字説明だけだと分かりにくいですね。まあ、M3は弾がバラけてるから数値の異常が大きい、M870はそれほどバラけてないので異常値が小さい、XCORTECH製は計測方法が理にかなってるのでほぼ誤差がない、そう思っていれば間違いはないかと。(^^;

    訳の分からない長文、失礼しました。(笑)

    南木

      • クルメノ
      • 2019年 8月 07日

      南木さん、ご無沙汰しております。

      相変わらず電動拳銃工房さんにはお世話になっております。

      3発発射時の異常数値についての考察、とても面白いです。さすが南木さん、キタキタキター!(サンテFX)という感じです。

      記事には書いていなかったのですが、実は今回使用したM870はホップパッキンをマルイ製に交換しています。
      対してM3はCYMA純正のパッキンです。
      M870は3発の集弾が高く、M3は大きくバラけます。

      発射後、弾速計を通過するまでのわずかな間に3発のバラけ方にどれほどの違いがあるのかはわかりませんが、ホップパッキンの違いが異常数値の大きさに影響を与えている可能性はありそうです。

      M3のホップパッキンもマルイ製に交換予定ですので、パッキン交換ビフォーアフターで数値を比べてみたいと思います。

      クルメノ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ガスブロ特集!

あたらしい記事

最近の人気記事

Twitter

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[14288] グロック19 サードジェネレーション (4952839142887)
価格:13652円(税込、送料別) (2019/4/29時点)


PAGE TOP