CYMA ベネリM3ショーティ フォアエンド換装+フォアグリップ装備でコッキングを軽快に!
スポンサーリンク

ご無沙汰しております、クルメノです。

子育てやらで忙しくタイミングが合わなかったり、コロナ禍もあったりしてなんだかんだとここ2~3年サバゲーに行っておりません。

この感じでしばらくは行かないままになりそうかな~と、銃や持て余したパーツを大幅に処分しましたが、最近は地味に少しずつ、いつでもサバゲに行ける状態にしていこうと動き出しております。

銃の整備、お手入れもしないといけませんが、一番の問題は『太ってござること』。サバゲーに行っていた頃すでに、ちょっと痩せなきゃな~と言っていたんですが、今はそこからさらに+10kg!!

昨日なんて朝からゴミ出しに行ったら右足首に激痛が走り、まともに歩けないほど痛くて自宅で休んでおりました。ひどい…情けない…。これまで年一回病院にかかるかどうかという程度だったのが、今年に入って帯状疱疹・尿路結石…何度も病院にかかっております。

アラフォーとなった今、健康の大切さを改めて実感しております。健康大事。

サバゲーができるっていうことは、自由にできる時間とお金がある程度はあって、かつ身体も動かせて…って考えると結構ありがたい?というか当たり前ではないんだなと思いました。

ん~……で、なんの話?なんか久々過ぎてこんなん書いてたっけ?って気がしますが。まぁいいですよね、クルメノブログなんだし。

さて、来るべきサバゲ復帰戦に向けて、今回はCYMA M3ショーティをカスタムしたいと思います。

CYMA ベネリM3ショーティ

今回いじるのはこちら。

以前ちょっと内部をカスタムしています。

フォアエンドを交換して、フォアグリップを装備します。

スポンサーリンク

フォアエンド換装

今回のカスタムの第一の目的は、フォアエンドにレイルを付けて、フォアエンドを装備できるようにすることです。個人的に元のレイルはツルツルしていてちょっとコッキングしにくいんですよね。

見た目も好きなので、CYMA ベネリM3シリーズのCM365のフォアエンドに換装して、付属のレイルもゲットします。

ヤフオクで、CM365のフォアエンドとレールのバラ売りパーツを入手。

フォアエンドもレイルも樹脂製です。強度は使ってみないことにはわかりませんが、まぁ製品化してあるくらいなので即ぶっ壊れるようなことはないと思います。とりあえずやってみよう。

これが…

こう!

見た目は好みです。少しきしみますが、元々のフォアエンドも樹脂製で同様のきしみがあったので気になりません。

久々の銃いじりだったので、自分で書いた分解記事を見ながらやりました。過去の自分ナイス。

フォアエンドを換装するだけなら、あまり分解する必要はないのですぐに終わります。

フォアグリップ装着

フォアエンドを換装し、レイルをゲットしましたのであとはフォアグリップを装着します。

銃のサイズとのバランスや手の大きさからこちらのフォアグリップをチョイス。

これを装着して。

完成です!

後ろが角ばった感じだったので、フォアエンドもちょっと角ばった感じになってバランス良いです。

ゴツめでかっこいい!

そして何より最大のメリットは、コッキングがかなり楽になったこと。

エアコキショットガンのコッキングは、フォアエンドを引くというよりも、どちらかというと銃を押し込むのがコツらしいので、フォアエンドをしっかり押さえることが重要です。

フォアグリップがあるとフォアエンドを押さえる手が全く滑らないので、コッキングに要する力がかなり軽減された気がします。

ちなみに初速もチェック。前回カスタムからほぼ動かしていませんが、どうかな。

一発ずつ計測!

10発平均83.1m/s。よし、良好!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事