CYMA ベネリM3 CM361M

エアコキショットガンをタダ同然で初速アップする方法をCYMA ベネリM3ショーティで実践!

こんにちは、クルメノです。

サバゲーができない今こそ、手持ちの銃をゆっくり整備するチャンス!

または敬遠してきた内部カスタムを初めてみるチャンス!!

 

ということで今回は3発同時発射のエアコキショットガンの初速アップカスタムをご紹介したいと思います。

今回はCYMAのベネリM3ショーティ CM361Mで実践しますが、基本的な考え方は他の電動ガンやガスガンでも同じですので何にでも使えるテクニックです。やっていなかったな~という方はぜひやってみてください。

ちなみに、とにかくショットガンの初速アップだけ知りたい!という方は、「グリスを塗ってエアロス対策」の見出しからご覧ください。

エアロスを減らせば初速は上がる

電動ガン、ガスガン、エアーガン(エアーコッキングまたはエアコキ)、いずれもざっくりいえば空気を押し出して弾を発射しています。

電動ガンは電気を利用して、エアコキは人力でスプリングを圧縮&ピストンを後退させ、スプリングが圧縮状態から解放される(伸びる)と同時に後退していたピストンが前進して空気を押し出し、その空気によって弾が発射されます。ガスガンは気化したガスによって弾が発射されます。

気温等の環境条件や使用している内部パーツが同じ、という条件下では、弾を押し出すエアーのロスが少なくなるほど初速が高くなります。

 

エアロスはどこで起こっているのか?

ではエアロスは主にどこで起こっているのでしょうか?

当たり前の話ですが、エアロスはエアーの発生元から弾に到達するまでの間で発生します。電動ガンとエアコキ、ガスガンの主なエアロスポイントは以下のようになると思います。

 

【電動ガン&エアコキ】
・シリンダー内 ピストンヘッドのパッキン付近
・シリンダー内 シリンダーヘッドの根本パッキン付近
・ノズル周り
・チャンバーパッキン
 
【ガスガン】
・チャンバーパッキン

 

エアコキなど銃によってパーツ構成が違うため一概には言えませんが、ざっくりこんな感じだと思います。

分解して内部カスタムを施す際、これらのポイントのエアロスができるだけ少なくなるようにしっかり組むことが重要です。

チャンバーパッキンには元々エアロスがある

チャンバーパッキンについては、構造上エアロスが発生してしまうことが圧倒的に多いです。市販品にはエアロスを防止する構造になっているチャンバーパッキンもありますが、特に純正品はほぼエアロスがあると思います。

なので私は箱出しの銃であっても、できるだけチャンバーパッキンにはシールテープを巻いてエアロス対策をするようにしています。この部分のエアロス対策をするだけでほぼ初速が上がります。アレやコレやと初速アップのためのパーツを買うのもいいですが、タダ同然で初速アップが狙えるのでここはぜひおすすめしたいです!

【チャンバーパッキンのエアロス対策例】

元の状態

シールテープでエアロス対策

今回は、このエアロス対策の考え方を、エアコキショットガンに応用して初速アップを狙います。

CYMA ベネリM3ショーティで実践!

CM361M ベネリM3ショーティのチャンバーパッキンにエアロス対策を施して、初速アップを狙います。しかしいきなりですが、前述した通りの対策はできませんでした。

シールテープでの対策は難しい

以前この銃を分解した際、チャンバーパッキンのエアロス対策をしませんでした。

なぜかというとパッキンにシールテープを巻いた状態でチャンバーに収めることができなかったからです。

 

CYMA ベネリM3ショーティ  CM361M フルメタル 分解!組立!パッキン交換!

 

M3ショーティのバレルとチャンバーパッキンは以下のような形状をしています。

よくあるチャンバーパッキンとは違い、筒状になっておらず、バレルへの装着は、切り欠きにただ乗せるだけといった感じです。

そして乗せた状態で3本のバレルをまとめるパーツに差し込み、チャンバーに組み込みます。

 

パッキンにシールテープを巻いた状態でバレルをまとめるパーツに入れるとテープが破れてしまい、エアロス対策になりません。

バレルとパッキンの接点を塞ぐことが重要

シールテープを巻いて組み込むことはできませんでした。

シールテープのようなもので、薄手のものがないかと探しましたがいまいち見つけられず…。しかし重要なのは巻くことではなく、バレルとパッキンの接点を塞ぐこと。何かを巻いてエアロスを防ぐという考え方から一旦離れてみることにしました。

そこで思い出したのが、電動ハンドガンのノズル周り。

パッキンに高粘度グリスを塗ってエアロスを防いでいたなーと。

ということで、高粘度グリスを塗ってエアロス対策をしてみることにしました。

グリスを塗ってエアロス対策

それでは実践。やることはとてもシンプルです。

分解は過去記事を参考にしてください。

CYMA ベネリM3ショーティ  CM361M フルメタル 分解!組立!パッキン交換!

 

チャンバーを取り出して分解したところからいきます。

バレルにパッキンを乗せた状態で、バレルとパッキンの接点を塞ぐようにマルイの高粘度グリスを塗ります。筆や綿棒を使うと塗りやすいかと思います。

一周ぐるっと塗ります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京マルイ 電動ガン 純正高粘度特殊グリス2個セット メール便 ネコポス可
価格:367円(税込、送料別) (2020/4/29時点)

楽天で購入

 

グリスを塗ったらバレルをまとめるパーツに戻します。このパーツは結構きっちりサイズですので、バレルを戻すと余分なグリスが内外に押し出されます。

外側に出てきたグリスは拭き取り、内側にはペーパーウエスをネジって入れるなどして、グリスが付かなくなるまで何度も拭き取ります。

内側に押し出されたグリスを綺麗に拭きとらないと弾道に影響が出ると思いますのでここは丁寧に。

綺麗になりました。これで後は組み立てればOKです。

 

注意点としては、内側のグリス残りを避けることと、3つのパッキンの突起がきちんと真ん中にくるように組み込むことです。

きちんと組めているのを確認してからグリスを拭き取った方がいいですね。

グリスしか使いませんので、内部カスタムをする方にとってはタダ同然だと思います。

では気になる初速を見てみましょう。

エアロス対策の初速アップ効果は?

それでは初速の変化を確認します。1発発射で10回計測して平均を出します。

 

【検証】3発?1発?ショットガンの初速はどう測るべきか

 

まず、エアロス対策前の初速は…

平均79.0m/s

 

そしてエアロス対策後の初速はこちら

平均82.8m/s

 

平均3.8m/sアップ!手ごたえあり!!

きっちりサイズのパーツに組み込んでいるとはいえ、バレルに乗せているだけのパッキンなので、筒状のパッキンよりもエアロスが発生しやすいのかもしれません。

個人的には3バレルのショットガンはバレルを交換するにも選択肢が乏しく、また、3本揃えるとなると高価なためなかなか手が出ないところです。

 


 

 

さらにエアコキのショットガンとなるとスプリングで初速を稼ごうとすればそれだけコッキングに力が必要になり、あまり強化すると汎用性を損ないます。マッチョであればそれもありですが、ゲームで使い続けるとなると正直おすすめできません。疲れるので。(いや頑張れよという意見もある)

そういった状況下での平均3.8m/sアップ

これはかなり大きいと思います。

個人的には、上に貼ったようなタイトバレルへの交換+パッキンのエアロス対策でかなりいい感じの初速になるのではと思っています。

以前買おうとしたときには品切れだったので諦めていました。今リンクを貼るために見て在庫ありになっていたので正直めちゃめちゃ買いたいです(笑)

そしてできればこのカスタムをやる前に気づきたかった…。

ただ、もしコロナ自粛が緩和されても諸々の事情でなかなかサバゲーに行けそうにないしな~…。

まぁそのうち買って組み込んだらまた記事にしたいと思います。

サバゲーに行けていないので弾道テストは未実施です。弾道へのグリスの影響がないことを確認できたら、それもまたご報告したいと思います。たぶん大丈夫だと思うんですけどね~。

あと、エアロス防止効果の持続力という意味ではシールテープよりも低いかもしれませんので、部屋でちょこちょこ初速を測って経過を見たいと思います。

何かあればまたご報告します。

 

よかったら Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録 よろしくお願いします!

ツイッター ⇒ https://twitter.com/Nog_snz

Youtubeチャンネル ⇒ クルメノチャンネル

 

 

ピックアップ記事

  1. ズームにこだわるガンカメラ選び:HX-A1H レンズ交換 望遠化詳細 2/2
  2. 電動ガン用スプリング比較まとめてドン 2019/07更新!
  3. マウントハイ・ロー切替可、割安高品質ドットサイト!VectorOptics Ma…
  4. リポ、ニッスイバッテリーの取り扱い・保管を見直す時期
  5. ARES Vz-58 サイドスコープレール 付け方

関連記事

  1. CYMA ベネリM3 CM361M

    CYMA ベネリM3ショーティ  CM361M フルメタル レビュー

     こんにちは、クルメノです。 今回はCYMAのベネリM3ショ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ガスブロ特集!

あたらしい記事

最近の人気記事

PAGE TOP