CYMA M870 CM353Mを分解!
スポンサーリンク

 

02

おはようございます!クルメノです。

 

かなり前にCYMA CM870の毒にも薬にもならぬレビューを書いたのですが、

ネット上にCYMAのエアコキショットガンの情報が少ないためか、意外とご覧いただいているようで大変うれしく思っております。。

ありがとうございます。

 

このCM353Mは一度分解を試みたものの、機関部に繋がるパイプがなぜか接着剤でガッツリ止められていて迷宮入りしておりました。

まぁそれから長い間放置してしまって…

最終的にはメカボックス一式と不足パーツをよそで買ってきてなんとか修理できました。

 

ということで今回はCM353Mの分解をご紹介したいと思います。

今後スプリング交換、チャンバーパッキン交換、CYMA M3ショーティーのレビュー、分解とカスタムについてもご紹介する予定ですので、そちらもぜひお読みください。

 

 

分解

分解途中で放置してしまっていたこともあって、メカボックスの外側を止めるたくさんのネジはどれがどれかわからなくなってしまいました。

ですので入るところに入るネジを適当に入れてます。その部分に関しては参考にしないでください。

ネジが止まってさえいればいい、勝ちさえすればいいという、ジャギのような考え方です。危険です。

 

分解の際は後でわかるようにネジを分別しておくなり、小まめに写真を撮っておくなりされることをおすすめします。

スポンサーリンク

ストック~メカボックス到達まで

まずはストックから分解していきます。


ストックの真ん中あたりにマルイボタンのようなものが見えると思います。それを押しながら後方にストックを引っ張り外します。

 

外れました。

 

ストックパイプの中には画像のように長いボルトが入っていて、本体・グリップ・ストックパイプを固定しています。

 


ボルトを外すには六角レンチが必要になります。ストックパイプ後方から入れてボルトに届くようなものが必要ですので、私は4mm×250mmのT型レンチを購入しました。

 

 

ストックパイプとグリップが外れました。

 

本体を裏返してトリガーガードとトリガーを外します。トリガーガードは前方のシリアルナンバーあたりに見える左右二つの穴に通っているピンを抜くと外せます。

 

トリガーガードが外れました。

 

トリガーは見えている2個のネジを外すと外せます。

 

このように。

 

続いて十字の溝が入っているマガジンチューブのフタを外します。

 

フォアエンド底部に見える2つのネジを外します。

 

ネジを外すとパカッと開くことができます。

 

フォアエンドの内部。前方に2つ、後方に1つ見えているネジを外します。

 

ゴツい金属のカバーのようなパーツはネジを外すと前にずらせます。

 

金属のカバーを前にずらすとまたネジが見えますのでこちらも外します。

 

外れました。

 

するとフォアエンド内部のもろもろやアウターバレルなどを前方にずらしてごっそり外せるようになります。

 

こんな感じに。

 

お次はレシーバーを外します。

 

レシーバーの左右のネジを外して後方にずらすと外せます。

 

レシーバーを外すと画像中に転がっているシルバーのカバーや金属のバーなどがぽろぽろと外れますが慌てないでください。

あとで組み立ての記事も書きますので。(漢の約束)

 

これらがメカボックスの表面についているパーツです。

 

お次はシェルカバーを外します。

 

本体に引っ掛けてあるスプリングを外してカバーのでっぱりを片方ずつ外します。

 

これでメカボックスに到達です。

 

メカボックス~

ここからはメカボックスの分解です。

まずは表面のネジを外します。冒頭に書いた通り、どのネジがどこのものか写真を撮るなりされることをおすすめします。

私はネジ迷子になりました。

 

メカボックス内部のパーツはこの通りです。

 

これらに加えてシリンダー、ピストン、スプリング&スプリングガイド、以上が内部パーツです。各パーツの組み込みは組立の記事でご紹介します。

 

メカボックス表面のパーツ(2本の金属バーが抜けていますが)と、内部のパーツたちです。

メカボックス到達までネジが多かったり細々としていますが、内部は意外と簡単です。電動ガンの分解やカスタムをされている方からすると「なんだこんなもんか」という感じだと思います。

カスタムまでは手が出ませんねーという方も、このへんからチャレンジしてみると結構いいかもしれませんね!

 

そして骨だけになりましたとさ…。

昔買ったもらったゾイドのおもちゃ、組み立てる知能と根気が足りなくてこんな感じのままだったな~…。

もし自分の息子がそういうのに興味を持ったら、一緒に組み立ててあげたいなと思いつつ。分解は以上でございます。

コンゴ、組立やカスタムなども記事にしますのでそちらもよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事