BOLT MP5J 分解、点検、そう!オーバーホールってやつ!
スポンサーリンク
02
こんばんは、クルメノです。

昨日またちょっとブログを作り変えていたら、表示がおかしくなってしまいました。

こりゃいかん!ということで、取っておいたバックアップデータから復元にチャレンジしてみまして。

その途中で何かを間違ったらしくエラー、エラー、エラー…

頭を抱えました。わからないことは、よく調べてやらないと大変なことになりますね。

なんとか元に戻せましたが、その間に当ブログにアクセスいただいた方々にはご迷惑をお掛け致しました。

…すんもはん!(ニヤニヤ)

いや、反省しろ!

すみませんでした。

はい。

今回は、先日愛銃のBOLT MP5Jを約1年振りに分解してオーバーホールしましたので、それについて書きます。

 BOLT MP5J 分解

せっかくなので、分解もさらっと観ていただきながら進めたいと思います。

ちなみにこちらのMP5Jはいろいろとカスタムを行っており、市販されているMP5Jとは異なる部分がありますので、その点はご了承ください。

最初に分解した時の記事もありますので、箱出し分解の方はこちらもご参考いただければと思います。

なお、スタート~チャンバー到達までの記事が消えていることに今気づきました。(ショック!!)

サバゲーアーカイブの方にも分解記事は載せておりますので、わからないときはそちらもご覧ください。

外部の分解はハンドガードと上部のマウントレイルが変わっているくらいですので、そんなに変わらないかと思います。

では参ります!

前方のピンを抜いてハンドガードを外します。

後方のピンはマイナスドライバーでネジを外して取ります。取れたらストック一式を後方に引いて外します。

初回分解などで硬い場合は、ストックベースを少し上下左右にグラグラさせると外せると思います。

トリガーガード前のピンを押し出して抜いて、マガジンリリースレバーを外します。

セレクターレバーの小さいネジを外して、両サイドにパーツを外します。

グリップ底部のネジ2本を外します。底蓋、ネジ2本、銀のさら(⇒お寿司⇒うまそう)が外れます。

銀のさらの横に2個の破片がありますが、どうやって入り込んだのかわからない枯れ葉(⇒焚火⇒焼き芋⇒うまそう)でした。

モーターを取り出して、グリップ内の2本のネジを外します。

この時点で、「アッパーフレーム」「メカボックス」「ロアフレーム」「バレル・チャンバ-」に分離できます。

今回主に用事があるのはメカボックスですので、そちらに参ります。

リコイルベースの後部にでかめの六角ネジがあります。

初めて分解したときは、嘘みたいに硬かったのを覚えています。

強リコイルを受け止めるパーツなだけあって、しっかり締めとかないと緩むんでしょうね。

組み立て時は全体的にネジをしっかり締める、または弱めのネジロック剤を使った方が安心かもしれません。

通常の電動ガンでは使っていませんが、1年間バリバリ撃っていたら、ある日ゲーム中にグリップ底部のネジが緩んで不具合が発生しました。

良くも悪くも侮れません、B.R.S.S!

先ほどのでかめの六角ネジを外すと、上部のリコイルユニットをごっそり外すことができます。

リコイルユニットは特に分解しなくてもいいと思います。

世の中には知らない方がいいこともありますよね?…そういうことです。

いよいよメカボックスを分解しますが、その前に逆転防止ラッチを解除します。

メカボックス表面のネジを4本外します。グリップ側のネジだけが、平らな表面になっています。

これでメカボックスを開けるところまできました。

次ページで内部を見ていきます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事