ARES Vz-58 サイドスコープレール 付け方
スポンサーリンク



02

福岡県のサバゲーマー。今はもう久留米には住んでいないんですが、クルメノと申します。

以前、かっこいいな~と話をした、こちらの銃
2017101903

チェコスロバキア軍が制式採用したVz-58という銃であることを教えていただき、早速「ARES製のVz-58」をヤフオクでチェックし始めました。

中古品はなかなか少ないようで、まぁ焦らず偶然見つかったら買おうかな~、見つからなければ来年にでも新品で買おうかな~とか思っていました。

が、そんなに待たずして偶然ジャンク品を発見!

ジャンクか~・・・とも思いましたが、最近サバゲーアーカイブジャンク修理チャレンジという大赤字企画をしておりまして(笑)

記事のネタにもなるかな~と思ったのがまず一つ。

そして見つけた商品がマガジン3本付きというのも購入の言い訳の一つです。

なんでも、Vz-58は見た感じAKに似ていますが構造が異なる別の銃らしく、マガジンも別物なのだそう。その電動ガンであるARES Vz-58もマガジンは専用のものを使うということみたいです。

 

by カエレバ

別売りのマガジンアダプターを使えばM4マガジンを使えるらしいのですが、私はM4を持っていないので結局専用マガジンが何本か必要になります。

 

by カエレバ

という感じでしのごの言い訳しながら、つり上がる価格に白目むきながらも競り落としました( ´_ゝ`)

修理についてはサバゲーアーカイブの方で記事にしたいと思います。

まだ結構先になるかもしれませんが、一応、乞うご期待!ぐらいは言っておきます。

スムーズに直せればいいのですが果たして・・・('A`)

交換パーツが手に入らなくて終了!とかになるとかなり青ざめます。

前にも書きましたが、オプションパーツも合わせて買っちゃったんですよね(笑)

今回はそのパーツが手元に届きましたので、それについて書きたいと思います。

 

ARES Vz-58 short サイドスコープレールの付け方

手元にレールが届いたのでお試しで取り付けようとしたのですが、説明書も何もなく取り付けに苦戦・・・。

ネットで調べてもいまいちよくわからなかったので、ちょっとここに書いておきたいと思います。

私はAK系を持っていないので、この手のレールの取り付けは初めてだったのですが、なかなかウホウホ状態になりました('д` ;)

IMG_20171116_170155
まためっちゃ光って写真下手が出ちゃってますけど(笑)

AKはどうなのか知りませんが、Vz-58にサイドスコープレールを取り付けるためには、サイドスコープマウントレールが必要になります。

 

by カエレバ

 

by カエレバ

この2アイテムだけでも、しっかりした作りのタクティカルベストが買えるくらいのお値段。

ハンドガード、ストック、マウントレールとかそのへんは一つ一つが高いですね~ε=ε=(;´Д`)

さて、では取り付けて行きます。

まずは赤い部分にプレートをネジ止めします。そして、後方からレールをスライドさせて取り付けます。
20171116-234428-283

なんだ、それだけか。と思われるかもしれませんが、実は取り付けるレールの方に調整が必要なんです。

スライドさせてレバーを前方に倒してただけでは、ガタつきがありますし、そもそも全然固定されません。

20171116-233838-241

レール底部のネジ部分の幅を調節します。
私の手元に来たものは調節しないと若干ブカブカでしたが、ものによっては最初からピッタリのものもあるのかもしれません。

矢印方向に
ネジを押し込むとレバーが浮き上がりますので、その状態でレバーを回すとネジを締めたり緩めたりできますので、プレートにスライドさせて装着可能なギリギリの幅に設定します。

すると、スライドさせた後にレバーを前方に倒したときに設定したギリギリ状態の少し先までネジがきつく締まって、ガッチリと固定されます

最初はブカブカだったので、うわ~でた~不良品ε=ε=(;´Д`)と思いましたが、調整をしたらガタもなくしっかり固定されて安心しました( ´_ゝ`)

マウントレールが割とハイマウント気味なので、ローマウントのドットサイトを装着してみました。

IMG_20171116_195507

ん!イイ!!渋い!!

 

by カエレバ

ちなみにストックをたたむとかなりコンパクトになるので、CQBにも向きそうですね!

IMG_20171116_195652

電子トリガーが初めからついていますので、トリガーレスポンスのすばらしさも早く体感したいです。

まぁ全ては、ちゃんと直せればの話・・・ですが('A`|||)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事