GUN

P226E2 GUARDER 強化ピストンカップ、強化バルブ&ロッカーで初速はどう変わる?

02

暑い…。

ジメジメしているし、とても暑い…。

なんだか、バテますね~こういう梅雨の暑さって。

 

休みの日は、よし!と気合を入れてサバゲーに行かないと、ついダラダラ過ごしてしまいます。

ダラダラしてないで、夏もしっかりサバゲーを楽しみたいところです。

 

7月の気になるイベントとしては、『7/29(日)熊本のFLBFさんでまたもやウピウピ隊さん!さらにG&Gのボスゲリラさんが来場!』するイベントがあるようです。

これはぜひ行きたい。いや行きます。

屋外フィールド暑いけど、そんなこと言ってられません!

 

さて今回は、その7月のFLBFイベントでも活躍しそうなP226E2ガスブローバックガンのパーツについてです。

ガスブロって一つの銃でもあれやこれやと細々したパーツが販売されていますよね。

初速が上がるもの、動作効率が上がるもの、見た目や質感に変化をつけるもの、いろいろありますが中には「え、コレナニ??」というものもあるかと思います。

効果があるのかどうか謎な割りに値段はそれなりだったりするので、なかなか手を出せないところがあるのですが…。

 

以前マルイのガスブロMP7に強化バルブセットを組み込んでみたところ、(インナーバレル交換と合わせて行ったのですが)若干初速が上がったような雰囲気でした。

雰囲気かよ…w

 

【過去記事】MP7A1ガスブローバック:気温に合わせて初速調整!初速アップカスタム

ということで、P226E2にも試してみます。





GUARDER 強化ピストンカップ・バルブ&ロッカー交換

 

交換作業は特に難しくはありません。

スライドを外して

スライドの裏側の

一番後ろ側の2本のネジを外します。

 

ネジを外したらスライドを内側から指で若干開き気味にして、内側のメタルパーツを引き上げると外せます。結構油汚れがあるので注意です。

メタルパーツを分解したところ。

ピストンカップははまっているだけですのでポロっと外せます。つける時もはめるだけです。


この黒い樹脂パーツの中にバルブ&ロッカーが入っています。

 

このネジを外して、バルブ&ロッカーをピンセットなどで引き出すといいかと思います。

 

取り出したピストンカップ

ぐにゃぐにゃになっています。中古で買って2年以上は使っていますので、劣化しているのでしょうか。

購入時から一般的なP226E2の初速よりも若干低いのが気になっていましたが、もしかしたらこの辺のパーツの劣化も関係しているのかもしれません。

 

 

こちらに交換します。

 

 

ポコッと付け替えるだけです。
バルブ&ロッカーはこちらに交換します。
下が強化パーツ。見た感じはあまり違いがわかりませんね。
交換が終わったら、先ほどのメタルパーツに組み込んで、可動部にはシリコンスプレーを吹きかけました。

 

 

初速の変化を検証

 

交換が終わりましたので、初速の変化を検証します。

 

【検証条件】

検証には1本のロングマガジンを使用。

ガスは134aを使用。

約2秒間隔で10発計測。

マガジンの表面温度28.5~7℃

弾速計はACETECH AC5000を使用。

 

結果はこちら。

1度では正直差があるのかないのか微妙でしたので、3回行いました。

交換前後①後②後③
180.781.882.583.3
281.181.183.683.8
383.48483.482.6
483.383.481.182.3
582.384.683.182.3
682.381.48381.8
781.98181.481.6
882.58483.785.9
980.282.38181.4
1082.381.182.382.3
平均8282.582.582.8
最低80.281.18181.4
最高83.484.683.785.9

 

 

結論

 

検証結果を見ると、平均では誤差程度の違いではありますが、交換後は3回とも同じように『初速アップ』が見られます。

最低初速では3回全てにおいて 1m/s以上

最高初速では 1~3m/s程度 の初速アップが見られました。

 

わずかではありますが、この銃の状況では初速アップ効果が得られたと言っていいと思います。

ただ、ピストンカップなどが劣化していた条件でこれですので、個人的には『初速が上がった』というよりは『落ちていた初速が戻った』のではないかと考えています。

商品説明にも書いてありますが、今回交換したパーツは補修パーツという感じですね。

純正パーツを買ってみて交換したら、どうなるのか気になりますね。

 

効果が同じくらいだったら、おじさんショックだな…

純正パーツの方がきっと安いしな…

(マルイのパーツリストを調べたら、シリンダーバルブ・ストッパー・スプリングとピストンカップで¥790でした)

 

同じハンドガンを長年使用している方はパーツが劣化している可能性があるため、ちょっと初速が上がるかもしれません。

なかなか初速を稼ぎにくいハンドガンだからこそ、ちょっとの部分も大事にしたいところです。

ぜひ一度お試しください!

 

よかったら Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録 よろしくお願いします!

ツイッター ⇒ https://twitter.com/Nog_snz

Youtubeチャンネル ⇒ クルメノチャンネル

 

関連記事

  1. カスタム・メンテナンス・検証

    MP5K クルツ HC  カスタム ①

    東京マルイ MP5K HCを購入しました。全長が345mmと非常に…

  2. カスタム・メンテナンス・検証

    ガスガン用ガス エアダスター代用 

    以前ガスガン用の市販ガス HFC134aとHFC152aを比較…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP