カスタム・メンテナンス・検証

ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅲ:初速UP・冷え対策に期待!ストレーナースポンジ

02
【過去記事】ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅱ:ガス

こちらの記事でガスガン用ガス134a(マルイ・ウッドランド)と152a(LAYLAX)を室温28℃と20℃の条件下で比較しました。

 

縦軸=初速(m/s)、横軸=射撃回数
LAYLAXウッドランド東京マルイ

 


縦軸=初速(m/s)、横軸=射撃回数
LAYLAX東京マルイ

 

152aガスは室温28℃では134aガスよりも高初速となり、20℃では同等、連射してマガジンが冷えれば劣るという結果になりました。

 





ニューアイテムの登場

先ほどの比較実験をやり始めた頃に、Twitterで耳よりの情報を入手しました。

なんと、安価なあるアイテムをマガジン内部に装着すると簡単に初速がアップするらしいのですΣ(・ω・ノ)ノ

そのアイテムとは、

 

ストレーナースポンジ PF-02 (ミニフィット用) 『フィルター』

これは何かといいますと、水槽用のフィルターに取り付けるスポンジです。

 

XABIER / ザビエル 気化効率アップパーツ【KEMUSHI】 マルイ グロック17/18シリーズ用マガジン対応 [取寄]
XABIER / ザビエル 気化効率アップパーツ【KEMUSHI】 マルイ グロック17/18シリーズ用マガジン対応 [取寄]

 

ガスの気化効率アップパーツとしてこういったものが商品化されていますが、それをストレーナースポンジで代用して気化効率アップを狙ってみよう!ということみたいです。

 

ちなみに私はフリップ工房さんのツイートでこの代用アイデアを知りました。

フリップ工房さんのサイトには入れ方なども書いてあり、参考になります( ´_ゝ`)

早速私もやってみました!

 

とりあえず近所に売ってあったこちらを購入

GEX ストレーナースポンジフィルターGD 2個入【在庫あり】
GEX ストレーナースポンジフィルターGD 2個入【在庫あり】

使ってみました。

 

入れ方なのか材質なのかわかりませんが・・・いまいち変化なし

 


ちっ 安いとはいえ買い損か・・・。

 

なぜ・・・。

気を取り直して、紹介してあったものと同じものを購入。

すると紹介してあったほどではありませんが、若干初速アップ!

ということで、これでまた少し検証してみたいと思います。

 

ストレーナースポンジあり・なしでの初速比較

まずはストレーナースポンジあり・なしでの初速を比較したいと思います。

せっかく前回134aガスと152aガスを比較したところですので、それぞれのガスを使って比較したいと思います。

条件はこちら

 

  • P226E2ロングバレル を使用(箱出しより初速が高くなっています)
  • マガジンは1本のみ使用し、ガス・ストレーナーを交換・着脱する
  • 室温は約28℃
  • ガスは満タンまで注入し、10分間放置後に実験を実施
  • 2秒の射撃間隔で初速を15回測定
  • 弾速計はXCORTECH X3200を使用

まずはLAYLAX(152a)ガスを使用した場合、結果はこうなりました。

 


縦軸=初速(m/s)、横軸=射撃回数
ストレーナーあり
 ストレーナーなし

 

ストレーナーあり時の初速平均 82.37m/s
ストレーナーなし時の初速平均 80.60m/s

 

1.8m/sほど平均が上がっています。

グラフを見るとわかるように、全体的に初速が上がっている!というよりも、下がりにくくなったから平均が上がっているという感じです。

 

ザビエルのKEMUSHI の商品説明ページにも、

「ガス圧が安定し、初速の維持が可能となります」

と書いてあります。

KEMUSHIは素材や形状にもこだわって作ってあるため、それに比べると劣ると思いますが、KEMUSHIの恩恵はこれでも十分体感できますね( ´_ゝ`)

マルイ(134a)ガスを使用した場合の結果はこうなりました。

 


縦軸=初速(m/s)、横軸=射撃回数
ストレーナーあり
 ストレーナーなし

 

ストレーナーあり時の初速平均 77.92m/s
ストレーナーなし時の初速平均 77.30m/s

0.6m/sほど平均が上がっています。

134aガスはそもそも152aガスより冷えの影響を受けにくく初速が安定しているため、初速平均の上がり具合が弱いのでしょうか?

条件によっては3m/s上がったりもするようです。

付け方とかストレーナーのサイズとかも関係しているのでしょうか??

この辺は定かではありません、申し訳ないです(‘A`)

 


まぁ、ちょっとデータだけでも見てってくださいよお客さ~ん。

 

ファミコンのゴエモンのよろずやの店員がこんな動きしてたような・・・。

はい。

 

ということで次は室温を下げた状態でやってみます。

 

低温時のストレーナースポンジの効果

低温といってもまた20℃ですが、やってみます。
(ちなみに手間を省くためストレーナーなし時のデータは前回の実験データを使用しています)

まずはLAYLAX、結果はこうなりました。

 


縦軸=初速(m/s)、横軸=射撃回数
ストレーナーあり
 ストレーナーなし

 

ストレーナーあり時の初速平均 77.10m/s
ストレーナーなし時の初速平均 75.56m/s

1.5m/sほど平均が上がっています。

グラフを見ると、ストレーナーなしの値がばらついているのに対して、ストレーナーありかなり安定しているのがわかります。

 

続いてマルイ、結果はこうなりました。

 


縦軸=初速(m/s)、横軸=射撃回数
ストレーナーあり
 ストレーナーなし

 

ストレーナーあり時の初速平均 76.87m/s
ストレーナーなし時の初速平均 75.70m/s

 

1.2m/sほど平均が上がっています。

こちらも同じく下がりにくくなっているのがわかります。

私も3m/sくらい上がるのを期待していたのですが、なんだかちょっと寂しい気持ちになりました(’A`|||)

 

しかし安価でこれだけの効果が得られるなんて本当にいいこと教えてもらったな~という感じです( ´_ゝ`)

 

フリップ工房さんの記事にもありますが、ストレーナーを入れると撃てる弾数は減るようです。

私も弾補充の都度ガスも補充するタイプのおじさんですので1マグ分きっちり撃てればガスの量的には全く問題ありません(‘ω’)

軽く試してみましたが、ストレーナーなしの状態で3マグ分撃てたのに対し、ストレーナーを入れた状態でしっかり撃てたのは30発でした。

銃や条件にもよるかもしれませんが、少なくとも1マグは全然大丈夫そうです。

 

最終的にどうしますか?お客さん

今回のガス比較によって、152aは高温時に134aより高初速だが低温の影響を受けやすいということがわかりました。

しかし、ストレーナーの導入によって134a・152aを問わず低温時の影響をカバーすることが可能だと判明しました。

 

 

それらを踏まえまして、

 

  • 152aガスを使用
  • エアダスター代用作戦で安価に
  • さらにストレーナーを導入し、152aの弱点(低温時)をカバー&初速底上げ

 

私としては現時点ではこれでファイナルアンサーにしたいと思います。

フルオートがある銃などでも重宝しそうですね。

いろいろ使ってみて、なにかありましたらまた記事にしたいと思います。

よかったら Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録 よろしくお願いします!

ツイッター ⇒ https://twitter.com/Nog_snz

Youtubeチャンネル ⇒ クルメノチャンネル

 

関連記事

  1. カスタム・メンテナンス・検証

    MP5K クルツ HC  カスタム ⑧

    度重なる買い損に歯がゆい思いをしましたが、めげずにカスタムを進めていき…

  2. カスタム・メンテナンス・検証

    東京マルイ 電動USP 久しぶりのメンテナンス

    ガスガンに比べて、気温に左右されにくく一年中安定して使用できる、電動ハ…

  3. カスタム・メンテナンス・検証

    ステアー AUG HC 給弾不良 でんでんむしの妙 ②

    組み上げて撃ってみたのですが、なんか弾に勢いがあるな~怖いな~と思った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP