カスタム・メンテナンス・検証

ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅱ:ガス

02
【過去記事】ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅰ:バルブ

に引き続きまして、比較を行っていきたいと思います。

今回の比較は、ガスについてです。

ガスガン用のガスとして市販されているものには、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういったものがあります。

上の3つはHFC-134aというガスが入っていて、LAYLAXのものにはHFC-152aというガスが入っています。

それぞれのガスの特徴は、いろんなサイトで紹介されていますので詳しくはそちらをご覧いただければと思います。

実際、134aと152aはどちらを使うのがいいのか?というところが気になりますよね。

ネットで調べると出てくる152aガスの評価ですが

 

①134aより初速が低くなる?
②134aより初速が高くなる?
③パッキンへの腐食性があるためよろしくない?
④パッキンへの腐食性はややあるが、即不具合が出るほどのものではない?
⑤152aは可燃性のため注意が必要
⑥152aはマガジンの冷えが速い?
⑦152aは寒さに弱い?
⑧152aを使うのなら、ガスガン専用の商品を買わなくてもエアダスターを代用できる(コストダウンできる)

 

とだいたいこんな感じかと思います。

私はつい最近まで当たり前に134aのガスを使用していたのですが、今年の4月に、来る長い戦争(時に人はそれを結婚生活という)への備えということでLAYLAXのハイバレットガスをまとめ買いしまして・・・。

お、激安!と思って買ったのですが、よくよく見るとそうでもなかった(’A`|||)

しかも連射するとすぐブローバックが弱くなるし、ちょっと初速を測ってみたら東京マルイのガスより低い!

買い損か~・・・(´Д⊂)と思って春先までピストルグレネード用に使用していましたが、ネットで調べると上に書いたように152aガスも捨てたもんじゃないよという評価もあることが判明しました。

ガス自体が問題なく使えるのであれば、エアダスター代用作戦もぜひ取り入れたいところ・・・|д゚)

ここで自分なりにガスを比べてみて、今後ガスをどうしていくのかを決める材料にしたいと思います。

 





ガス比較

今回比較するガスは、東京マルイ・ウッドランド・LAYLAXの3種類です。
ガスの種類的には、LAYLAXのみ152aですね。

初速を比較したいと思います。

条件はこちら

 

  • P226E2ロングバレル を使用(箱出しより初速が高くなっています)
  • マガジンは1本のみ使用し、ガスのみ入れ替えて測定する
  • 室温は約28℃
  • ガスは満タンまで注入し、10分間放置後に実験を実施
  • 2秒の射撃間隔で初速を15回測定
  • 弾速計はXCORTECH X3200を使用

 

比較結果はこのようになりました。

 


縦軸=初速(m/s)、横軸=射撃回数
LAYLAXウッドランド東京マルイ

 

LAYLAX(152a)が最も高い初速を出しており、ウッドランドと東京マルイ(どちらも134a)はほとんど変わらないという結果でした。

15発の平均初速は、

LAYLAX:80.60m/s
ウッドランド:77.03m/s
マルイ:77.29m/s

同じ134aガスでは、さすがにマルイだからイイ!ということはなさそうですね。

室温28℃の条件では、152aガスの方が高い初速を出せることがわかりました。

 

気温が低い場合

記事序盤に書いた152aに対する評価の中で、寒さに弱いというものがありました。

今度は室温を20℃に調整してLAYLAXとマルイを比較してみます。

すると結果はこのようになりました。

 


縦軸=初速(m/s)、横軸=射撃回数
LAYLAX東京マルイ

 

LAYLAX(152a)の初速の下がり具合たるや(‘A`)

しかも10発目以降はさらにもう一段階下がってきているように見受けられます。

後半は撃っていて明らかにブローバックが弱い印象を受けました。

室温20℃では15発の平均初速が、

LAYLAX:75.56m/s
マルイ:75.70m/s

とほぼ変わらない結果となりました。

室温28℃⇒20℃となった場合の平均初速の変化は、

LAYLAX:5.04m/sダウン
マルイ:1.6m/sダウン

となり、152aガスの方が低温時の初速ダウンが大きいことがわかります。

 

最終的にどうしますか?お客さん

まぁ低温時といっても20℃でこれです。

私がLAYLAXのガスを買った4月頃の(福岡の)平均気温は20℃にも達していませんでしたので、道理で連射するとすぐブローバックが弱くなったし、初速もマルイのガスより低かったわけです。
初速については、気温条件によっては152aの方がむしろいいということになりますが、どうしようかな(‘A`)

 

ちなみに検証はしていませんが個人的に結構気になっていたパッキン腐食については、ネットで調べると「そんなに気にしなくてよい( ´_ゝ`)」ということみたいですので私もあまり気にせずガッテンボタンを押して解決したことにしておきます。ガッテンガッテン

ですが先日、ガスブロMP7の中古マガジン4本に152aを初めて注入した途端、3本からガス漏れが発生。

これではやはりノーガッテンです。(志の輔さんも別にノーガッテンとは言わないと思いますが)

 

先ほどお支払いしたガッテンは回収させていただきます。(え、独自の通貨か何かなの?ガッテンって?)

 

このガス漏れの原因はパッキン腐食というより、152aガスを注入した時にパッキンがなにかしらの志の輔にガッテンされて最終的にノーガッテンでフィニッシュになっているのだと思います。(すみませんためしてガッテンちゃんと見たことありません)

もしパッキンがガッテンされてガッスン漏れしても、シールテープを使えば簡単に修理可能でしたので、最終的には オッケイ です。(いやそこガッテン使わんのかい)

はい。

 

ということで152aは低温時が微妙ですが、ガスブロ絶好調シーズンにはかなり使えるので今後使っていきたいと思います。

エアダスター代用も導入したいところです。

20℃以下でも、ガスブロが使えるレベルの気温であればモスカートなどの単発のものには使用できそうですね。

元々の予定ではこれでこのガス・バルブ比較の記事を終える予定でしたが、この比較検証をやり始めた頃に彗星のごとく現れたニューアイテムが!|д゚)

なにやら安い素材を使って簡単に初速アップが見込めるそうな・・・。

しかも152aのケッテンを補うやも!?(ついにガッテンなるか!?)

 

それについては次回、書きたいと思います。

よかったら Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録 よろしくお願いします!

ツイッター ⇒ https://twitter.com/Nog_snz

Youtubeチャンネル ⇒ クルメノチャンネル

 

関連記事

  1. GUN

    ラウドネスコーンはガスブロにつけてこそ真価を発揮する!

    このガスブロ絶好調シーズン、皆様いかがお過ごしでしょうか。…

  2. BOLT MP5J

    BOLT MP5J ハンドガード交換 ClassicArmy R.I.S

    BOLT MP5Jを買って、いろいろとカスタムをして半年以上が…

  3. ARES Vz-58 short

    コネクターを変えても大丈夫!ARES EFCSコントローラーの使い方

    こんばんは、クルメノです。最近ちょっと、オリジナルのロゴを…

  4. BOLT MP5J

    BOLT MP5J カスタム ②

    前回、MP5Jのカスタムをご紹介しました。ホップの微調整を残し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP