BOLT MP5J

BOLT MP5J 分解 : チャンバー、ホップアップ、インナーバレルについて

前回はメカボックスとチャンバー・インナーバレルの取り出しまでをご紹介しました。

過去記事 : BOLT MP5J 分解 チャンバー・メカボ到達まで

今回はチャンバーまわりの詳細についてご紹介したいと思います。





チャンバー

まず、こちらが上から見たチャンバー

DSC_0179

次に下から見たチャンバー

DSC_0178

そしてジーチャンバーチャン

BlogPaint

はい。

ではチャンバーを分解してみます。

①画像のパーツを取り外します

これがまた硬いです(’A`|||)

しかし樹脂なので力を入れすぎると割れそうで怖いです(’A`|||)

DSC_0182

②チャンバーを止めるために接着されているOリングを外します。

マルイの場合は画像にあるインナーバレルのくぼみに①のパーツがハマり、さらにチャンバーの先に金属の輪っかを入れて固定していると思います。

それだけでは止まらなかったのでしょうか?|д゚)

このOリングの接着を外すとチャンバーをガッチリとは固定できなくなるので、何かしら対応を考えなければなりませんね。

DSC_0185

③チャンバーに横方向に入っているピンを抜きます。

片方から押し出すと抜けます。

DSC_0193

DSC_0194

④チャンバーとインナーバレルを分離します。

③のピンを外すと画像右側に写っているパーツが外れます。

分解自体は特に難しいことはありません。

DSC_0196

DSC_0198

チャンバーの分解はこんな感じです。

ホップアップ

続いてBOLT MP5Jのホップアップについてご紹介します。

先ほどのパーツを下から見るとこんな感じ

DSC_0197

あまりいろんな電動ガンを知りませんが、マルイだとこのようなパーツの下の部分が押しゴムを押して、それがチャンバーパッキンを内側に出っ張らせ、インナーバレル内を通過するBB弾にホップアップを掛けます。

BOLT MP5Jには押しゴムはなく、このパーツの下の部分そのものが押しゴムの役割を果たしているようです。

この突起が出過ぎているため、ホップアップ調整レバー上ではノンホップにしている状態でも、結構なホップが掛かるようです。

この先端がゴムより硬いということも、ホップが掛かり過ぎる原因の一つかもしれませんね(・ε・)

チャンバーからインナーバレルを取り出すと、このようにチャンバーパッキンがついています。

先ほどの押すパーツや押しゴム、チャンバーパッキン等でホップの掛かり具合が変わります。

MP5Jのホップが気に入らなければ、この辺を調整する必要がありますね。

DSC_0211

インナーバレル

ちなみにインナーバレルを交換する際には、インナーバレルの窪みや窓の位置が同じまたは近いものでなければ、最悪加工しないと使えないということもありますので注意が必要です。

下の画像のバレルでも、微妙に窓の大きさや窪みの位置が違います。

大きく違うものもありますので、買い損にならないように調べて買いたいですね(´;ω;`)

BlogPaint

次回は、メカボックスの中身をご紹介したいと思います。

よかったら Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録 よろしくお願いします!

ツイッター ⇒ https://twitter.com/Nog_snz

Youtubeチャンネル ⇒ クルメノチャンネル

 

関連記事

  1. カスタム・メンテナンス・検証

    【P226E2,USP カスタム ⑦】P226E2 ガス放出バルブの交換

    前回までに、P226E2のインナーバレル交換・ハンマースプリング交換・…

  2. BOLT MP5J

    互換マガジンと問題点:BOLT MP5J レビュー②

    BOLT MP5Jレビュー①では以下の3点を見てきました。(⇒過去記事…

  3. カスタム・メンテナンス・検証

    【P226E2,USP カスタム ④】P226E2 6.00mmバレル 弾詰まり

    P226E2の初速を上げるために内径6.00mmのインナーバレルに交換…

コメント

    • りゅうまる。
    • 2017年 1月 27日

    こんにちは、クルメノさん。

    ホップアーム、面白そうなのが付いてますね。
    形状を見る限りH-HOPタイプみたいなのが一体成型となってるのでしょうか?
    だから鬼ホップになるし、弾詰まりになるんですね。

    ちょっとホップアームを加工するには勇気が要りますね。
    しくった時を考えると躊躇しますもの。
    いっその事自作するというのはどうでしょう?

    プラの端材から切り出して同じようなのを作って
    虫ゴム使えるようにし、マルイパッキン入れる。
    良くも悪くもマルイ弾道でめでたし。(゚∀゚)

    チャンバーを抑えるスプリングがない機種には
    チャンバー前のOリングは気密アップに有効でしたよ。
    メカボ側へ密接させるのにスプリングがあるヤツとないヤツがあって
    無ければOリング使ってメカボに密接させたような記憶が。

    ていうか楽しそうな事してはりますなぁ。
    こういう作業大好き!私もMP5-J迎えようかしら?(笑)

    • クルメノ
    • 2017年 1月 27日

    こんにちは、りゅうまる。さん

    H-Hopを知らなかったので調べてみたら、まさにそんな感じでした!

    鬼ホップというだけでなく、弾詰まりが起きることがあるというのはなかなか厳しいですね~。

    ん~素材から切り出して作れる自信はないです(*_*;
    あまり気は進みませんが、少しずつ削ってゴムを入れて調整するしかないかな~と考えています。

    チャンバー前のOリングは、りゅうまる。さんから聞いて確かに重要な気がしてきました。

    カスタム迷宮を脱出するヒントが隠されているかもしれません( ゚Д゚)

    まぁ、まだ上手くいかない原因も突き止められていないんですけどね(笑)

    MP5J、りゅうまる。さんもぜひご検討ください|д゚)

    • N1
    • 2017年 2月 22日

    こんにちは。
    BOLTのMP5ネタはまだ少なくて参考にさせてもらってます。
    私もMP5J購入したんですが、
    ホップアームは曲者ですよねぇ。
    で、色々探してたらヤフオクで個人出品の3Dプリントでクッションラバー使えるアームが出てましたよ。
    インナーバレルの固定リングもセットになっててインナーの前後のガタつきがなくなるみたいです。

    • クルメノ
    • 2017年 2月 23日

    N1さん、こんにちは。

    ご覧いただきありがとうございます。
    このアームはなかなか大変ですね~、私は削って調整しました(*_*;

    お、そんな便利なものがヤフオクに出ていますか!
    BOLT MP5J用に作ってあるのならかなり助かりますね(‘ω’)
    情報ありがとうございます。
    ヤフオクをチェックしてみます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP