カスタム・メンテナンス・検証

MP5K クルツ HC  カスタム ⑪

エチゴヤさんに持っていく前に、もう一度軸受の取り付けからシム調整までをきちんとやってみることにしました。

軸受は瞬間接着剤を薄く塗り、固まる前に素早く歪みのないように取り付けました。
予めギアの軸に軸受を入れておき、ギアごと軸受をはめ込むと楽にきちんと取り付けられるというナイスな情報があったので、カスタム迷宮を彷徨った一万年と二千年のうち六千年頃から実践しています。

シム調整は今までのやり方を一旦忘れて、ベベルギアとピニオンギアの位置合わせを先にやる方法をとってみました。

ガンジニアさんのこちらを主に参考にさせていただきました。

すると今までの枚数とはずいぶん違う結果にΣ(゚д゚;)

シムを入れてギアのみを組んでメカボを閉じ、指で回転させてみると・・・
あれ、なんか大丈夫そうな雰囲気(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

さらにピストン・シリンダー・スプリング等以外を組んで通電させてみると・・・
あら、大丈夫そうな 雰 囲 気ーーー( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

今まではベベルとピニオンの位置合わせはあまり気にしていませんでした。
ピニオンの出し具合?押し具合?の調節はやっていましたが、ベベルギアのピニオンと垂直方向への位置調節はやっていませんでした。


それでもなぜか一応うまくいっていました(笑)


今までは軸受を交換したことがなかったので、一応なんとかなっていたということなのでしょうか?q|゚Д゚|p


軸受を違うものに交換したことで、ベベルギアの初期位置が変わってピニオンとの位置が大幅に合わなくなった?のか??


ん~よくわかりませんが、おそらくギア鳴きの原因はベベルとピニオンの接触がきつすぎたためだと思います。

カスタム関係のギア鳴きの記事を検索すると、ベベルとピニオンの位置関係が原因でギア鳴きが起こることが多いなんてことも書いてありましたが、今までそれなりにうまくいっていたので他人事のように流していました(`・д・´)

シム調整は一応最低限できているつもりでしたが、全然でしたね(笑)

まぁ、もうよかろう( ´_ゝ`)
とりあえずうまくいったけん、もうよか(゚Д゚)!!

また異常事態が発生したら考えよう。そうしよう。
やっとカスタムが先に進められる!

続く。


よかったら Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録 よろしくお願いします!

ツイッター ⇒ https://twitter.com/Nog_snz

Youtubeチャンネル ⇒ クルメノチャンネル

 

関連記事

  1. カスタム・メンテナンス・検証

    保持力を強化してファストマグポーチをより良く使う

    私はモールベストを使用しています。これまでMP5を使う…

  2. BOLT MP5J

    BOLT MP5J ハンドガード交換 ClassicArmy R.I.S

    BOLT MP5Jを買って、いろいろとカスタムをして半年以上が…

  3. カスタム・メンテナンス・検証

    大戦略2017に向けて装備調整 : BOLT MP5J ギア鳴き⇒故障 を修理

    電動USPの給弾不良は直りましたが、まだまだやることがあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP