カスタム・メンテナンス・検証

ステアーAUG HC ロングバレル 流速チューン カスタム:故障原因 ②

前回、逆転防止ラッチを交換しました。

組み上げて動作確認をしてみると、動作は問題なさそう。
よしよし意外と簡単に直ってよかったな~と胸をなでおろし、試射してみました。

DSC_0559

はい、初速激下がり(((( ;゚д゚)))

ハァε=ε=(;´Д`) ちょっと気持ちが萎えましたが、こんなことはよくあるこっですたい!
再度分解してメカボックス内のパーツをチェック!
どうやらシリンダーとピストンの気密が取れていないようです。
シリンダーとシリンダーヘッドの接合部の気密は取れていました。
カスタム時は気密がバッチリだったのに、もうダメなんかーい!と思いながら・・・改善作業に取り掛かります。
BlogPaint

このOリングがシリンダー内でしっかりと密閉する役割を果たせていない雰囲気。
原因はよくわかりません・・・。

ピストンのOリングとシリンダー内にはシリコングリスを塗っていましたが、試しにパッキンとシリンダー内に高粘度グリスを軽く塗り足してみました。
シリンダー内には粘度の低いグリスを使用するのが一般的ですが、なぜかうまいこと気密が取れないのでお試しということで。
高粘度グリスを塗ったあとシリンダーにピストンを入れ、シリンダーヘッドの先を指で押さえて空気が出ないようにし、ピストンを前に押してみました。
気密が取れている=空気が漏れない ため、この状態ではピストンは前に進みません
ピストンの動きに高粘度グリスがどの程度影響を与えるのかはわかりませんが、まぁとりあえずこれでいってみます。
初速確認!
DSC_0573

カスタム時より2m/sほど初速が下がっていますが、まぁとりあえず直ったのでOKとします。
この2m/sダウンが高粘度グリスを軽く塗り足した結果なのかな~?
なんにせよ、カスタムをよくやっている人たちがやめとけというのですから、やめといたほうがいいのだと思います。
ピストンヘッド用Oリングは売ってあるので、買って交換してみようと思います。

サバイバルゲーム ブログランキングへ

 

関連記事

  1. カスタム・メンテナンス・検証

    ステアー AUG HC トリガーロック発生

    カスタムが仕上がったのでゲームに持って行ってみました。これまで使用して…

  2. カスタム・メンテナンス・検証

    電動USP 気密UPで初速UP!? ①

    以前、電動USPをカスタム (内容はこちら→【初心者OK】電動USP …

  3. カスタム・メンテナンス・検証

    MP5K クルツ HC  カスタム ⑪

    エチゴヤさんに持っていく前に、もう一度軸受の取り付けからシム調整までを…

  4. カスタム・メンテナンス・検証

    MP5K クルツ HC  カスタム ⑤

    前回、ピストンロックを解決したところで一回組んでみて動作に問題がないこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP