カスタム・メンテナンス・検証

ファマス5.56-F1 そうだ、ジャンクを修理しよう ③

前回、ファマスに足りないスプリングガイドと逆転防止ラッチをマルイに注文しました。
一週間ほどでパーツが届きましたので、ファマスの修理を行っていきます。

パーツさえ揃えばサラッと修理が完了すると思っていましたが、今回も一筋縄ではいきませんでした・・・ε=ε=(;´Д`)

不足していたスプリングガイドと逆転防止ラッチ、ステアーAUG HCの余りの純正ピストン&ピストンヘッド、スプリングを組み込んで
動作確認!

ウィッ・・・

あ~そういう感じか~ε=ε=(;´Д`)

ピストンをひいた状態で止まっているようです。
再度メカボックスを開けて原因を探ってみたところ、どうやらセクターギアの歯が多すぎるためにピストンを解放できないのではないか?という雰囲気。正直ちょっと自信がありませんが。

ステアーAUG HCの純正ピストンは歯が12枚(13枚の2枚目がない)です。そして純正セクターギアは歯が13枚です。
それに対して、ファマスのセクターギアは歯が16枚あります。
DSC_0524
DSC_0523
左:ステアAUG HC 純正セクターギア 右:ファマス セクターギア(恐らく純正)

調べたらファマスの純正ピストンは歯が16枚のようです。
ピストンの歯よりセクターギアの歯が多いと、後ろに引いたピストンを解放するときに妨げになる?のか??
解放されたピストンと余ったセクターギアの歯が衝突しそうな気もしますが・・・。
現状のピストンが解放されない問題の原因ではないかもしれませんが、セクターの歯が多すぎるのはよくないと思い13枚にカットすることにしました。

DSC_0525
結構いびつになってしまいました

これで動作確認!

はい、ダメでした・・・。症状は同じくピストンを引いた状態で止まるというものΣ(´д`;)

次に怪しいと思ったのはスプリングガイドです。
ファマスの純正スプリングガイドは太いです。そう、うらやましいほどに。
余っていたスプリングに入れるときはキッツキツでしたので、そのキッツキツのガイドにスプリングが無理に圧縮されてハマってしまい解放できないのではないか?という雰囲気。

スプリングを変えることも考えましたが、探すのも面倒だったのでガイドの太さを少し削って減らすことにしました。
スプリングに割とすんなり入るようになったので、これで動作確認!

あれ、ピストン引けてない (゚ロ゚;)エェッ!?

いや~ちょっと参りました。
問題を解決するどころか新たなステージに行ってしまいました(笑)

まだ諦めずにいろいろやってみるつもりですが、最悪迷宮入りする雰囲気・・・(つд⊂)
たぶんしばらく続きます。

サバイバルゲーム ブログランキングへ


関連記事

  1. カスタム・メンテナンス・検証

    電動USP 気密UPで初速UP!? ③

    前回、電動USPの気密性をUPして初速を計測したところ、約82m/sあ…

  2. カスタム・メンテナンス・検証

    ガスガン用ガス エアダスター代用 

    以前ガスガン用の市販ガス HFC134aとHFC152aを比較…

  3. カスタム・メンテナンス・検証

    ステアーAUG HC ロングバレル 流速チューン カスタム ⑦

    前回、インナーバレルとチャンバーパッキンの組み込みまで終えました。…

  4. カスタム・メンテナンス・検証

    ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅱ:ガス

    【過去記事】ガスガン用ガス・バルブ比較Ⅰ:バルブに引き続きまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP