カスタム・メンテナンス・検証

MP5 飛距離ダウンの原因

前回MP5をカスタムしたところ、目的の一つであった初速UPはクリアすることができました。
しかし、試射してみると飛距離が落ちており、もう一つの目的である飛距離UPをクリアするには至りませんでした。

その後、再度分解してインナーバレル・チャンバーパッキン・チャンバーを取り外してみましたが、見た感じはしっかり組めているように思えました。

ですが試射したときにホップアップのレバーが押し戻されているようだったので、なんとなくチャンバー付近のなにかがちょっと弾に当たってるのかな~と思い、インナーバレル・チャンバーパッキン・チャンバーを組んだ状態で下を向け、バレルの後ろ側からBB弾をポロッと入れてみました。
すると、弾が通りません

ちょっと押す力が加わらないと弾が通らないという感じです。

インナーバレルとチャンバーパッキンのみの状態にして同じことをやってみると、スッと弾が通りました。

このことから、チャンバーに取り付けるとなにか問題が生じて弾が通らなくなっているのだと思い、取り付けては弾を通す作業を繰り返していると、どうやらチャンバーにインナーバレル+チャンバーパッキンを入れる際に強く奥まで入れすぎるとチャンバーパッキンの弾の入り口が狭まって弾がスムーズに通らなくなっているようだ、という結論に至りました。

このMP5の場合はインナーバレル+チャンバーパッキンをチャンバーに取り付ける際、チャンバー内に差し込んだ後に、インナーバレルにつけたU字部品とチャンバーをネジで止めるようになっているので、そのネジをあまりきつく締めないようにすると、チャンバーと組み合わせた状態でも弾がスムーズに通りました。

この状態で試射してみると、30m先の的にほぼ一直線で当たるようになり、30mを超える的も十分狙える飛距離となりました。30mの的までしかなかったので最大飛距離は計測していませんが(‘A`)
これで飛距離UPの目的をクリアすることができました。

ホップアップ調節レバーが毎回戻ることはなくなりましたが、しばらく撃っていると若干弱まる傾向にあるので、ホップアップ調節レバーのネジをしっかり締めることで改善できました。

ちなみに、このチャンバー付近の調整の後、初速を計測してみました。

DSC_0422

さらに初速が2m/sほど上がっています!これでちょうどいい初速になりました。
おそらくパッキンが弾に少し触れていたため初速が下がっていたのだと思われます。

ということで今回のカスタムは十分な成果が得られました。

どうやら寒くなる冬場は特にチャンバーパッキンの弾通りが悪くなったりしがちらしいので、急に飛距離が出なくなったら一度弾の通りを確認されてみてはいかがでしょうか?

サバイバルゲーム ブログランキングへ

関連記事

  1. BOLT MP5J

    BOLT MP5J 分解、点検、そう!オーバーホールってやつ!

    こんばんは、クルメノです。昨日またちょっとブログを作り変え…

  2. カスタム・メンテナンス・検証

    東京マルイ 電動USP 久しぶりのメンテナンス

    ガスガンに比べて、気温に左右されにくく一年中安定して使用できる、電動ハ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP