カスタム・メンテナンス・検証

電動USP 気密UPで初速UP!? ③

前回、電動USPの気密性をUPして初速を計測したところ、約82m/sあったものが79m/sまで下がってしまいました。

そこで、

  1. 気密UPのために巻いたシールテープを元に戻す
  2. ギア類、シリンダーやノズル周りのグリスの除去・塗り直し
  3. 加速シリンダーからフルシリンダーへの交換

この3点を行って初速が下がった原因をつきとめて、初速UPを図ることにしました。

まずは気密UPのために巻いたシールテープを剥がして初速を計測してみましたが、結果はほぼ変わらず。
シールテープの巻き方がまずかったわけではないようでした。
この時点で、シリンダーヘッドとノズルの空気漏れチェックをしましたが特に漏れていないようでした。

次にギア類、シリンダー やノズル周りのグリスを除去・洗浄して適切に塗り直しました。
こちらも初速はあまり変わりませんでした。

この時点で、初速が下がった理由については早くも迷宮入りしました・・・ε=ε=(;´Д`)

下がった原因はわかりませんが、このままではモヤッとしただけになってしまいます。
せめて少しでも初速UPになればと 思い、加速シリンダーをフルシリンダーに変更。
電拳先生いわく、(短いインナーバレル使用時) あぁたねぇ、6.01mmのタイトバレルには加速シリンダーを・径の太いバレルにはフルシリンダーを使用した方が初速が上がるのよ。地獄に落ちるわよあぁた(電拳先生のHP

ということですので、6.03mmのインナーバレルを使用している私はフルシリンダーに交換してみることにしました。
DSC_0399

お、79m/sからすると少しはUPしましたね。
気密UP作業前の82m/sという初速はもはや幻となってしまいましたが、一旦ここで終了したいと思います。
悔しいのでまたカスタムすることになるとは思いますが、今回のところはこのへんで勘弁してやるぜ(・ε・)

現在の電動USPカスタム状況

インナーバレル


スプリング


ピストンヘッド


シリンダー


リポバッテリー化(変換コネクタ・バッテリー)

 


今回は大した成果は得られませんでしたが、こういうこともあるということで・・・。
初心者に毛が生えた程度の私からすると、まだまだ謎が多いです。

電ハンカスタムにチャレンジする方のご参考になればと思います。

サバイバルゲーム ブログランキングへ

 

関連記事

  1. BOLT MP5J

    互換マガジンと問題点:BOLT MP5J レビュー②

    BOLT MP5Jレビュー①では以下の3点を見てきました。(⇒過去記事…

  2. カスタム・メンテナンス・検証

    ステアーAUG HC ロングバレル 流速チューン カスタム ②

    今回のカスタムで組み込み予定のパーツは以下になります。あくまで予定…

  3. カスタム・メンテナンス・検証

    東京マルイ 電動USP 久しぶりのメンテナンス

    ガスガンに比べて、気温に左右されにくく一年中安定して使用できる、電動ハ…

コメント

    • やまやん
    • 2018年 3月 24日

    気密上げればそれだけ抵抗がふえるのでスプリングの反発力が負けてしまうとかえって初速が下がる傾向にありますよ

      • クルメノ
      • 2018年 3月 24日

      おはようございます、やまやんさん。クルメノです。

      なるほど、そういうこともあるんですね。
      気密が取れている状態で初速が下がったら、その点も疑ってみたいと思います。

      クルメノ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガスブロ特集!

ガンカメラ特集!

最近の人気記事

PAGE TOP